院長ご挨拶

greeting_img
こんにちは、院長を務めております久保晴司です。

衣川中学、明石城西高校、神戸大学医学部といずれも地元で教育を受けさせていただき、神戸大学整形外科医局入局後は、県立淡路病院、高知田中整形外科、公立和田山病院、兵庫県立リハビリテーションセンターで研修を受けました。

その後、神戸大学大学院へ進み膝関節外科、スポーツ医学の臨床基礎を学び、米国ピッツバーグ大学にてもスポーツ医学、再生医療も学んでまいりました。
以後、神戸大学病院、神戸海星病院、県立柏原病院等にて整形外科診療を行っておりましたが、明石地区の整形外科医療に貢献したいという思いから平成26年4月から水野整形外科クリニックを引き継ぎ院長を務めておりました。

このたび、より良い治療体制を目指し、明石駅南側パピオス明石3Fにて久保整形外科クリニックとして移転開業致します。
最新の設備を取り揃え、待合室や診察室、リハビリ室のスペースを大幅に拡張しました。

治療としてはまず保存的治療を行います。最新のMRI、レントゲン撮影システムも保有しており、正確な診断を行うことができます。 また、理学療法士が在籍しマンツーマンでのリハビリテーションを中心に投薬、注射を含め整形外科全般の治療を行っています。
また、あんしん病院院長となられた前院長:水野清典先生にも週1日の外来を継続していただいております。
あんしん病院との連携のもと、私自身、膝関節・スポーツ傷害・一般整形の手術を中心に、年間約180例の手術を行っております。
今後も、保存的治療ではどうしても効果が出ず、手術が必要な患者さんには最適な手術を選択肢の一つとして提供いたします。
手術に際しては高い専門性を必要とする分野が多く、私自身の専門分野でない場合は、提携病院またはご希望の専門医へ紹介いたします。

診療に際しては、それぞれの患者さんの社会、生活背景を考慮し、一人一人に最適な医療をご提供することを目指しております。

生まれ育った明石の地で、一人でも多くの患者さんの痛みを和らげ、生活の質を高めるために 質が高く、きめ細やかな整形外科医療を提供できるよう日々努力していきます。

 

経歴

平成10年3月 神戸大学医学部 卒業
平成10年4月 神戸大学医学部整形外科入局
       以後関連病院で研修
平成15年4月 ピッツバーグ大学整形外科研究員
平成19年4月 神戸大学医学部整形外科助手
平成25年4月 あんしん病院勤務
平成27年4月 水野整形外科クリニック院長
 

資格

医学博士 / 日本整形外科学会専門医 / 日本整形外科学会スポーツ医